仏具修復

仏具の修復について

喜昌の仏具修復の特長は「完全修復」。元の木地を利用し、新品同様に蘇らせてみせます。
塗色の変更はもちろん、金箔仕様への変更も可能。彫刻・彩色・蒔絵などの装飾追加も可能です。
さらには、使いやすくなるように改造したり、寸法を変更することもできます。
もちろん、お客様のご予算に合わせて必要な部分のみの修復や簡易的な洗いにも対応しておりますので、お気軽にご相談ください。

宮殿

お厨子型の宮殿を修復。
従来の木地を生かしたまま斗組の彩色部は総金箔押しに変更しました。

金紙張

古い金紙をはがした後下地補正し、養生。下貼りを二重に行い壁の湿気を表の金紙に出さず、剥がれや崩れをおこさせないよう仕上げております。

前卓

元の彫刻・彩色を復元。淡彩色の上品な色合いが蘇りました。
金具部分は手打ち金具で新調しました。

厨子

黒塗りのお厨子を総金箔にご修復。
ご本尊が浮き立つように両サイドにLED電球を配置いたしました。

敷居金具

綸子・青海波のほか、どのような文様にも手打ち金具で対応いたしております。

欄間

彫刻はより立体的に躍動感のある姿にご修復。華やかさが際立ちました。